債券は下落、連休中の米長期金利上昇で売り優勢-償還控え下値限定的

連休明けの債券相場は下落。前週末 の米国市場で、米経済に対する楽観的な見方が強まり、株高・債券安と なった流れを引き継いだ。朝方から売り先行となったが、相場は20日に 国債償還を控えて、下値では買いが入り、下げ渋る展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。