米国市場の中国株:優酷網が下落-早期の金融緩和ないとの観測

米国市場で取引されている中国企業 株は17日、5営業日ぶりに下落。中国人民銀行(中央銀行)が物価安定 により重点を置いていると表明したことを受け、予想されたほど早期の 金融緩和はないとの懸念が浮上した。

米国で取引される中国企業主要55社を対象とした時価総額加重ベー スの株価指数、ブルームバーグ中国・米国55指数は前週末比1.7%安 の92.36と、この8週間で最大の下げ。動画サイトを運営する優酷網は 2カ月ぶり大幅安。中国での住宅販売減少を受け、不動産サービスの易 居は5月以来の大幅下落となった。太陽光関連のLDKソーラーも値下 がり。4-6月(第2四半期)の赤字拡大が響いた。

米国市場で最大の中国上場投資信託(ETF)、iシェアーズ FTSE中国25指数ファンドは1.3%下げて34.74ドル。14日には1カ月 ぶり高水準となっていた。

原題:Youku Tumbles as PBOC Rate Cut Doubts Sink ADRs: China Overnight(抜粋)

--取材協力:Leon Lazaroff.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE