メルケル独首相:野党との大連立の可能性排除せず-13年総選挙

ドイツのメルケル首相は、2013年の 総選挙後、在任1期目に連立政権入りした社会民主党(SPD)と、再 び連立を組む可能性に含みを持たせた。現在の連立パートナーである自 由民主党(FDP)は、支持率が低迷している上、同首相のユーロ政策 に反対する傾向があるためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。