米社債保証コスト上昇、EU財務相の協議難航で-CDS取引

17日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが1週間ぶりに上 昇した。欧州連合(EU)財務相会合は域内銀行セクターの統合を進め るスケジュールについて合意できなかった。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後5時13分(日本時間18日午前6時13分)現在、2.1ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の85.2bp。14日には83bpと1 年半ぶり低水準を付けていた。

ドイツのショイブレ財務相率いるグループは14日の会合で、域内銀 行への支援条件として単一の銀行監督機関を設立する提案について、実 現には一段の時間が必要と慎重な姿勢を示す一方、他の財務相らは迅速 な行動を求めた。こうした意見の不一致で、世界的な景気減速で企業の バランスシートが損なわれ、債務返済が困難になるとの懸念が強まっ た。

TFマーケット・アドバイザーズの創設者、ピーター・チアー氏は 電話インタビューで、「スペインが行動しないか、別の誰かがそれを妨 げようとするなら、懸念要因となる」と述べた。

原題:Corporate Credit Swaps in U.S. Rise as EU Ministers Deadlock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE