ホンダ:米国で新型アコードの生産ペース過去最高-19日発売

ホンダは新型「アコード」の生産台 数を過去最高水準に引き上げ、今週の販売開始に備えている。中型車を めぐってはトヨタ自動車や日産自動車、フォード・モーターなど各社と の競争が激化している。

ホンダのアソシエート・チーフエンジニア兼アコードの生産リーダ ー、マイク・フィッシャー氏はブルームバーグのインタビューで、オハ イオ州メアリーズビルにある工場では2013年型アコードの生産台数は9 月14日時点で週間6000台だったが、その生産ペースは加速していると述 べた。新型アコードの生産開始は8月20日。新型の生産ペースとしては 最速であり、不具合もほとんどないという。

9代目となるアコードの新型モデルは19日に発売される。ライバル の日産は改良した「アルティマ」を増産し、トヨタは「カムリ」の販売 台数を伸ばした。米調査会社オートデータによると、今年米国では中型 車の販売が最も売れており、8月末までに前年比22%増の252万台が売 れた。これは乗用車とトラック合わせた全体の販売ペース(15%増)を 上回る伸びだ。

原題:Honda Makes Accords at Record Pace as Midsize Sedan Melee Builds(抜粋)

--取材協力:Keith Naughton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE