リッチモンド連銀総裁:量的緩和第3弾は雇用効果低いだろう

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は量的緩和第3弾(QE3)について、恐らく米労働市場の回復にはあ まり寄与しないとの見解を述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。