独首相:ユーロ圏の問題は政治が解決、ECB計画は正当

ドイツのメルケル首相は、ユーロ圏 の問題は政府が解決すべきであり、中央銀行が解決するものではないと の考えを示した。欧州中央銀行(ECB)の国債購入計画については、 金融安定という観点から正当化できるとの見解をドイツ政府はかねてか ら明らかにしているとも述べた。ECBによる国家財政ファイナンスは 適切ではないと付け加えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。