メルケル独首相:バイトマン連銀総裁を擁護、発言を歓迎

ドイツのメルケル首相は、独連邦銀 行(中央銀行)のバイトマン総裁を擁護し、開かれた議論への同総裁の 貢献を歓迎すると述べた。同首相はベルリンで記者団に語り、欧州中央 銀行(ECB)の独立性はドイツにとって重要だとし、バイトマン総裁 はこれに貢献していると述べた。特定の発言は挙げなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。