【今週の債券】長期金利0.7%台に低下も、緩和観測で-米金利高は警戒

今週の債券市場で長期金利は0.7% 台に再び低下する場面があると予想されている。連休明けの相場では前 週末の米国金利上昇の影響を受けやすいが、国債の大量償還などに伴い 需給の改善が見込まれるほか、日本銀行による追加緩和観測がくすぶっ ていることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。