NY外為:円が下落、日銀の追加緩和観測-日中の緊張も材料

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場で は円が対ユーロで4カ月ぶり安値に下げた。日本銀行が今週の金融政策 決定会合で緩和政策の拡大を決定するとの観測が背景。また尖閣諸島問 題も日中の緊張も円売りにつながった。

円は対ドルでは1週間ぶり安値。ブラジル・レアルは下落。中央銀 行による介入が影響した。

ドイツ銀行のG10為替ストラテジー世界責任者、アラン・ラスキン 氏は「先週の米金融当局の決断で日銀の金融政策に注目が集まったが、 日銀のバランスシートに基づく政策対応は米国よりもずっと限定的なも のになる」と述べた。さらに米金融当局の発表内容を受けてリスクに対 する姿勢が積極的になったことも、円売り圧力をかけた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ユーロで0.3%下落して1 ユーロ=103円24銭。一時は103円86銭と、5月9日以来の安値に下げ た。円は対ドルで0.4%下げて1ドル=78円71銭。一時は7日以来の安 値となる78円93銭となった。ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ =1.3117ドル。

日銀の政策決定会合

日銀は18、19両日に政策決定会合を開く。米連邦公開市場委員会 (FOMC)や欧州中央銀行(ECB)に続き緩和拡大に動くとの観測 がある。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると円は先週2.2%下落と、最も大幅な下げだった。ドルは0.9%安、 ユーロは1.4%上昇だった。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替戦略世界責任者、マーク・ チャンドラー氏は「日銀が資産購入による緩和拡大のために何か行動を 起こすとの観測がある」と述べ、「それが主に対円でのユーロに影響し ており、ユーロを押し上げている」と続けた。

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる対立で日本と中国の 外交関係の悪化が2005年以降で最も深刻化しており、貿易面にも悪影響 が及ぶ恐れが出ている。日中間の貿易額はここ10年で3倍に膨ら み、3400億ドル超となっている。

ウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズのポール・クリストファー氏 は「日中間の緊張がこれ以上悪化した場合、日本の貿易見通しも後退す ることになる。そうなれば若干、円が軟調になるだろう」と述べた。

ユーロのRSI

ドルと円に対するユーロの相対力指数(RSI、14日間)は70を上 回った。同指数が70を上回ると、買われ過ぎを示唆する。

ユーロはスペイン債下落に反応し、上げを失った。スペイン10年債 利回りは19ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して5.97% をつけた。

バークレイズの通貨ストラテジスト、アループ・チャタジー氏(ニ ューヨーク在勤)は「スペインの正式な支援要請が明らかになるまでス ペイン債の利回りは上昇を続ける可能性がある」と述べた。

ユーロは対ドルで下落。スペインのラホイ首相は国家救済を要請す るかどうかまだ検討を進めている。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.1%上昇して78.941。

原題:Yen Weakens Versus Euro Amid Bank of Japan Stimulus Speculation(抜粋)

--取材協力:Joseph Ciolli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE