野田首相:邦人の安全確保を中国に要求、抗議行動激化で-尖閣守る

野田佳彦首相は16日午前、NHKの 番組「日曜討論」で、尖閣諸島の国有化を受けて中国で反日抗議行動が 激化していることに関し、邦人の「安全確保については、強く中国政府 に求めていきたい」と述べた。抗議デモとともに、国旗を燃やしたり損 壊させたりする事態についても「強い抗議をしている」と語った。

首相は、中国の海洋監視船6隻が尖閣諸島周辺の日本領海へ侵入し たことや、中国の漁船が出漁準備をしているなどとの同諸島をめぐる報 道については、日本政府としては「冷静かつ毅然とした対応だと思う。 毅然とした対応とは尖閣諸島をしっかり守りぬくということ」だと強調 した。

また、海上保安庁法改正により、海保の職員が、不法上陸者に対し 逮捕権を行使できるようになったことについては「一つの前進だ」と指 摘。その上で、装備の充実や海保内での支援強化など「日本の法体系の 中でできることを、しっかり万全を期していきたい」と語った。

2部構成となったNHKの番組後半に出演した自民党総裁選候補者 の中では、安倍晋三元首相、 石破茂前政調会長、 町村信孝元外相など がそろって日米関係の弱体化が中国の尖閣諸島周辺など海洋進出の背景 にあると指摘。その上で、尖閣をしっかり守る体制を構築することが重 要との意見を表明した。

一方、 パナソニック広報檜篤史氏は16日、反日デモの被害につい て 「昨日のデモ隊により青島にある電子部品工場で火が出た。蘇州の 電子部品工場の守衛室でも被害が出た」と語った。人的な被害は出てい ないが「詳細を調査中」という。ブルームバーグ・ニュースの電話取材 に対し答えた。

Editors:

--取材協力:杉本 等、Mariko Yasu. Editor: 杉本 等

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE