リッチモンド連銀総裁:QE3に強く反対-財政政策に等しい

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は15日、連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和第3弾(QE3) を実施し、住宅ローン担保証券(MBS)の購入を決定したことについ て、信用の割り当ては米財務省か議会の財政権限の領域だとして、反対 を表明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。