自民・石原幹事長:日銀の1%の物価目標は低い-総裁選公開討論会

自民党の石原伸晃幹事長は15日午 後、日銀が当面の金融政策運営にあたって、消費者物価(CPI)の前 年比上昇率1%を目指していることについて「これは低いと思う」との 認識を明らかにした。都内で日本記者クラブが開催した総裁選立候補者 による公開討論会で語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。