ラスキンFRB理事:失業率の改善「がっかりするほど鈍い」

米連邦準備制度理事会(FRB)の ラスキン理事は、ここ数年の米失業率の改善は「がっかりするほど鈍い ペース」にとどまっていると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。