NY金:小幅続伸、米追加緩和で-終値1772.70ドル

ニューヨーク金先物相場は小幅続 伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)が追加緩和を決定したことで、 買いが先行した。

FOMCは前日、長期証券の保有を拡大する量的緩和第3弾(QE 3)を実施すると表明した。オープンエンド型の形式をとり、政府支援 機関の住宅ローン担保証券(MBS)を毎月400億ドル購入する。

スタンダード・バンクの商品ストラテジスト、マーク・グラウンド 氏は電話インタビューで、「前日の追加緩和発表が、この日の相場上昇 の一因になっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比60セント高の1オンス=1772.70ドルで終了。一時 は1780.20ドルと、2月29日以来の高値をつけた。

原題:Platinum Posts Longest Rally in 25 Years; Gold Advances on QE3(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE