9月14日の欧州マーケットサマリー:株は反発、スペイン債下落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3112   1.2991
ドル/円             78.27    77.49
ユーロ/円          102.63   100.67


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  275.95     +3.53    +1.3%
英FT100     5,915.55   +95.63    +1.6%
独DAX      7,412.13   +101.81   +1.4%
仏CAC40    3,581.58   +79.49    +2.3%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .10%        +.04
独国債10年物     1.71%       +.15
英国債10年物     1.97%       +.15


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,775.50    +42.25   +2.38%
原油 北海ブレント        116.34      +.46     +.40%

◎欧州株式市場

14日の欧州株式相場は反発。ストックス欧州600指数は1年3カ月 ぶりの高値となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)が住宅ローン 担保証券(MBS)の購入を決めたことを好感した。

鉱山大手の英豪系BHPビリトンとリオ・ティントがいずれも大幅 上昇。オーストラリアのスワン財務相は同国の資源ブームが続くとの見 方を示した。プラチナ生産の英ロンミンは5%値上り。同社は南アフリ カ共和国のプラチナ鉱山でストを続ける労働者との協議を再開した。

ストックス欧州600指数は前日比1.3%高の275.95で終了。終値とし て、昨年6月1日以来の高値となった。

アッティカ・ウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、 セオドア・クリンタス氏は「この種の流動性は株式市場の大きな支えに なる」と指摘。「キプロスで開催されている欧州財務相会合から何か明 るいニュースが出れば、相場の上昇は向こう数日で勢いづくだろう」と 述べた。

米消費者マインド指数が発表されると、株価は上げ幅を拡大した。 9月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速報 値)は79.2と、前月の74.3から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト予想の中央値は74.0だった。この日の西欧市場で は、18カ国すべてで主要株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Advance as Fed Announces More Asset Purchases(抜粋)

◎欧州債券市場

14日の欧州債市場では、スぺイン10年債が値下がり。指標銘柄 となる国債の入札を来週実施するとの発表が嫌気された。この日キプ ロスで開かれたユーロ圏財務相会合がスペイン救済をめぐる決定を先 送りしたことも売り材料。相場は週間ベースでも下落した。

スペイン2年債も下げた。財務相会合ではスペインが打ち出す経 済改革策を待つこととなり、欧州中央銀行(ECB)の国債購入を伴 う公算が大きい救済要請は差し控えられた。スペインの格付けは、米 ムーディーズ・インベスターズ・サービスが見直しを進めている。ド イツ10年債は週間ベースで2週連続安となり、同期間での利回り上 昇幅は昨年11月以来で最大。米連邦公開市場委員会(FOMC)の 量的緩和第3弾の決定が影響した。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、オーランド・ グリーン氏(ロンドン在勤)は「下落防止措置が具体化するまでは、 国債発行は重しだ」と指摘。「スペインの行動が読めない。このまま耐 え抜くつもりなのだろうか。多分市場はそう考えているのだろう」と 付け加えた。

ロンドン時間午後4時50分現在、スペイン10年債利回りは前日 比15ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.79%。 前週末からは16bp上げた。同国債(表面利率5.85%、2022年1 月償還)価格は1.105下げて100.425。2年債利回りは19bp上昇 の3.14%。

スペイン政府は10年債(2022年償還、表面利率5.85%)の入 札を20日に実施すると発表。2015年償還債(表面利率3.75%)も 同時に発行するという。

ドイツと英国

ドイツ10年債利回りは15bp上昇して1.71%。一時は16bp 上げて1.72%と、4月30日以来の高水準に達した。前週末からは 19bp上昇。8月31日は1.33%で、ここ2週間の利回り上昇幅は昨 年11月25日以来で最大。

英国債市場では10年債が下落し、利回りが4カ月ぶり高水準を 付けた。米国の量的緩和拡大でインフレ加速を見込む向きが増えた。

英10年債利回りは14bp上昇の1.94%。5月10日以来の高さ となる1.97%を付ける場面もあった。同国債(表面利率1.75%、2022 年9月償還)価格は1.24下げ98.165。

原題:Spanish Bonds Drop After Debt-Sale Announcement on Aid Concern(抜粋) 原題:Pound Rises to 4-Month High on Fed Stimulus Boost as Gilts Drop(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE