欧州株:反発、1年3カ月ぶり高値-米追加緩和を好感

14日の欧州株式相場は反発。ストッ クス欧州600指数は1年3カ月ぶりの高値となった。米連邦公開市場委 員会(FOMC)が住宅ローン担保証券(MBS)の購入を決めたこと を好感した。

鉱山大手の英豪系BHPビリトンとリオ・ティントがいずれも大幅 上昇。オーストラリアのスワン財務相は同国の資源ブームが続くとの見 方を示した。プラチナ生産の英ロンミンは5%値上り。同社は南アフリ カ共和国のプラチナ鉱山でストを続ける労働者との協議を再開した。

ストックス欧州600指数は前日比1.3%高の275.95で終了。終値とし て、昨年6月1日以来の高値となった。

アッティカ・ウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、 セオドア・クリンタス氏は「この種の流動性は株式市場の大きな支えに なる」と指摘。「キプロスで開催されている欧州財務相会合から何か明 るいニュースが出れば、相場の上昇は向こう数日で勢いづくだろう」と 述べた。

米消費者マインド指数が発表されると、株価は上げ幅を拡大した。 9月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速報 値)は79.2と、前月の74.3から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト予想の中央値は74.0だった。この日の西欧市場で は、18カ国すべてで主要株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Advance as Fed Announces More Asset Purchases(抜粋)

--取材協力:Sarah Jones.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE