中国人民元、対ドルで7週連続上昇-米中の景気刺激策に反応

今週の中国人民元はドルに対して上 昇。7週連続の値上がりで、昨年4月以来最長の上昇局面となった。中 国と米国の景気刺激策が資本流入や輸出を促すとの楽観的な見方が広が った。

東亜銀行の外国為替アナリスト、ケニックス・ライ氏(香港在勤) は「中国とアジアへの資本流入が増えるはずだ」と述べた上で、これに より「資産価格が押し上げられ、元に対して上昇圧力がかかる公算が大 きい」と語った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.24%高の1ドル=6.3145元。週間上昇率は0.45%で、2 月以来の大きさとなった。香港のオフショア市場では、前週末比0.37% 高の6.3203元。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港での人民元の1年 物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前週末比0.32%高 の6.4035元。これは上海スポット取引を1.4%下回る水準。

原題:China’s Yuan Completes Seventh Weekly Gain on Economic Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE