NY原油相場が上昇-5月以来の1バレル=100ドル

ニューヨーク原油先物相場が上昇 し、5月以来となる1バレル=100ドルに達した。米連邦公開市場委員 会(FOMC)が追加緩和を決めたことに加え、中東・北アフリカでの 抗議活動で原油供給が脅かされるとの懸念が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。