香港株(終了):ハンセン指数、5月来の高値-米追加緩和策

香港株式相場は上昇。米連邦準備制 度理事会(FRB)が景気てこ入れに住宅ローン担保証券(MBS)購 入を決めたことが好感され、ハンセン指数は5月以来の高値を付けた。

売り上げの72%を北米で稼ぐ電動工具メーカーのテクトロニック・ インダストリーズ(創科実業、669 HK)は8.2%高。中国最大の産銅会 社、江西銅業(358 HK)も8.2%上昇し、海洋エネルギー探査で最大手 の中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は4.8%上げた。原油や銅相場 の値上がりが手掛かり。

時価総額で香港最大の不動産開発会社、サンフンカイ・プロパティ ーズ(新鴻基地産発展、16 HK)は4.4%高。2012年6月期の通期実質利 益がアナリスト予想を上回ったことが買い材料。小売企業に衣料品や玩 具を納入するリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)も上昇した。

ハンセン指数は前日比582.15ポイント(2.9%)高の20629.78と、 終値ベースで5月4日以来の高値。週間では4.2%上げた。ハンセン中 国企業株(H株)指数は前日比3.7%高の9829.43で引けた。

IGインベストメントの運用担当者、ベンジャミン・タム氏(香港 在勤)は「FRBは市場の緩和観測に応えた」と指摘。一方、景気下支 えを図る最近の各中央銀行の緩和措置は短期の救済策にすぎないとし、 「信頼感は現時点でなお脆弱(ぜいじゃく)で、問題の解決を意味しな い」と語った。

原題:Hong Kong Stocks Rise to Four-Month High on Fed Stimulus Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE