QE3、香港資産バブルのリスク高める-HKMA総裁が警戒

香港金融管理局(HKMA、中央銀 行に相当)の陳徳霖(ノーマン・チャン)総裁は14日、米連邦準備制度 理事会(FRB)による量的緩和第3弾(QE3)が香港の不動産価格 をさらに押し上げるリスクがあり、香港当局に市場の沈静化を一段と促 す可能性があるとの認識を示した。

陳総裁は記者説明会で、「QE3開始と欧州債務危機の短期的な改 善は香港の資産市場が過熱するリスクを高める。われわれは適切な時期 に反循環的な追加措置をさらに導入するつもりだ」と述べた。

原題:QE3 Adds to Hong Kong Asset Bubble Risks, HKMA’s Chan Says (1)(抜粋)

--取材協力:Andreea Papuc.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE