OKI:四半期報告を提出、監理銘柄解除-通期損益予想は据え置き

OKIは、海外の不正会計発覚に 伴う決算訂正を織り込んだ四半期報告書を、予定通り金融当局に提出し た。これを受け東京、大阪の両証券取引所は、上場廃止の可能性を周知 する監理銘柄指定を、15日付で解除すると発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。