【日本株週間展望】日経平均9500円試す、QE3効果-日銀に期待も

9月第3週(18-21日)の日本株 は、米国の量的緩和第3弾(QE3)の実施を受けた米株高や商品市 況高に支えられ、上昇基調を継続する可能性が高い。欧米金融当局に 追随する形で日本銀行も追加金融緩和に乗り出すとの期待もあり、日 経平均株価は4月以来の9500円を試す場面もありそうだ。

東京海上アセットマネジメント投信の久保健一シニアストラテジ ストは、「短期的にはQE3効果が持続し、日本株の上昇基調は続く」 と予想。ただ、日経平均の上値めどは9500円とし、「そこを上抜ける には世界景気の底打ちが必要」と見ている。

第2週の日経平均は前週末比3.2%高の9159円39銭と続伸。週 半ば以降、中国の景気刺激策への期待やドイツ憲法裁判所による欧州 安定メカニズム(ESM)の批准承認、米連邦準備制度理事会(FR B)による追加緩和策の発表など支援材料が重なり、週間上昇率は5 週ぶりの大きさとなった。

FRBは12-13日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)終 了後の声明で、QE3を実施すると表明した。物価が安定している限 りは、労働市場の見通しが大幅に改善するまで、政府支援機関の住宅 ローン担保証券(MBS)の購入を継続する内容。QE3の実施を受 け、13日の米ダウ工業株30種平均は2007年12月以来、ナスダック 総合株価指数は2000年11月以来の高値水準に上昇した。

MBS購入が円高懸念和らげる

その流れを引き継いだ14日の日本株は、日経平均が1.8%高と急 伸。大和証券投資情報部の高橋卓也副部長によると、FRBの購入資 産が米国債ではなく、MBSである点がポイントと言う。FRBが米 国債を購入すれば、日米金利差の縮小による円高進行が懸念されたが、 「MBS購入は利回りへの影響が限定的となる可能性が高い。円高へ の懸念は和らぎ、日本株にもプラスの側面が大きい」と指摘した。

18、19両日は、日本銀行の金融政策決定会合が開かれる。日銀ウ オッチャー13人を対象にしたブルームバーグの調査では、4人が追加 緩和を予想。米QE3を受け大幅な円高が進行した場合には、追加緩 和に踏み切るとの見方は多数を占めた。

プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパンの 篠原慎太郎株式運用部長は、「日銀が追加緩和を行うかどうかは為替の 動き次第」と予想。QE3後に円高が踏みとどまっているところから、 「市場は日銀の追加緩和を織り込んでいる可能性がある」と話す。

市況先高観と配当魅力で資源株注目

第3週の日本株市場では、資源関連株が相場をけん引する可能性 が高いと東京海上アセットの久保氏は読む。QE3を受けた商品市況 高が追い風になるほか、配当利回りが相対的に高く、9月期末の権利 落ち日を前に配当取りの買いも株価を後押しすると見ているためだ。 14日時点の配当利回りは、三菱商事が4.6%、三井物産が4.7%、J Xホールディングスが3.7%などとなっている。

このほか、日本株に影響を与えそうな材料では、米国で発表が相 次ぐ住宅関連指標の動向が注視される。18日はNAHB住宅市場指数、 19日は住宅着工件数・建設許可件数と中古住宅販売指数など。米国で は雇用関連指標が悪化する中、住宅指標は緩やかに改善してきただけ に、これが悪化すれば日本株にもマイナスとなりかねない。

一方、6日の欧州中央銀行(ECB)の国債購入買い取り発表以 降、欧州懸念は沈静化している。一時期は7%を上回っていたスペイ ンの10年国債利回りは5%台半ばまで低下。7月下旬に一時1ユーロ =94円台前半まで円高に振れたユーロ・円相場も、14日には101円台 まで円安方向に戻した。ストックス欧州600指数の銀行指数も、ユー ロと歩調を合わせ堅調に推移、7月24日に付けた直近の安値から3割 近く上昇している。

東洋証券投資情報部の大塚竜太ストラテジストは、「ECBが国債 の無制限購入を発表しており、スペインの10年債利回りが7%を超す 状況には戻らないだろう」とし、ギリシャが騒ぎを起こすようなこと がなければ、「欧州情勢はしばらく落ち着くのではないか」とみる。

JAL再上場

海外では、17日に米ニューヨーク連銀の製造業景況指数、18日に ドイツのZEW景況感指数、20日に米フィラデルフィア連銀の製造業 景況指数、中国のHSBC製造業PMIなども発表予定。

国内では、日本航空(JAL)が19日、東京証券取引所1部に再 上場する。公開価格は3790円で、売り出し株数は国内外合計で1億 7500万株。公開価格を基にした試算では、JALの時価総額は6873 億円と、全日本空輸の6400億円を上回る。大型上場だけに、株価の強 弱は少なからず市場参加者の心理に影響を与える可能性がありそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE