バーナンキ議長の資産購入も無制限-失業との闘いが最優先

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は初めて、米経済の状態が自身の目標に近いところに達 するまで債券購入を続けると表明した。FRB始まって以来の革新的な 議長としての評価がこれで固まった形だ。議長の決断は、失業との闘い が今はインフレに関するいかなる懸念よりも優先することを鮮明にし た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。