遺体安置所からの教訓得た日航、再上場で白紙から再生に離陸

日本航空の大西賢会長はいまでも御 巣鷹山に登るたびに胃にキリキリとした痛みを覚える。27年前、日航ジ ャンボ機の墜落現場となったこの山で、大西氏は仮設の遺体安置所づく りに携わった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。