財務相:追加緩和は米経済への危機感の表れ-日銀は適宜適切に対応を

安住淳財務相は14日午前の閣議後会 見で、米連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和第3弾(QE3) の実施を表明したことを受け、「米国経済の現状に対する危機感の表 れ」との見解を示した。その上で「市場も好感を持って迎え入れてい る」とし、「景気浮揚に対する決意は十分に感じられる」と評価した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。