マンハッタン集合住宅:8月の空室率、3年ぶり高水準

ニューヨーク・マンハッタンの集合 住宅の空室率は8月、月間ベースで3年ぶりの高水準に達した。賃貸契 約件数が最も増える時期にもかかわらず、家賃高騰で借り手が市場から 追い出された。不動産ブローカーのシティ・ハビタッツが明らかにし た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。