尖閣周辺で領海侵入の中国監視船6隻、退去-今後も警戒と藤村氏

尖閣諸島の国有化を受けて日中間で 緊張が高まる中、中国の海洋監視船が14日朝、相次いで同諸島周辺の日 本の領海に侵入した。藤村修官房長官は閣議後会見で、河相周夫外務事 務次官が中国の程永華駐日大使を外務省に招致し、強く抗議するととも に、監視船がただちに領海から退去するよう強く申し入れたことを明ら かにした。中国船は午後1時半ごろまでにすべて領海から退去したとい う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。