来週のNY原油:53%が下落を予想-メキシコ湾の生産回復で

来週のニューヨーク原油先物相場は 下落するとの見方が優勢だ。ハリケーン「アイザック」通過後のメキシ コ湾の生産回復が材料になっている。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト36人を対象に実施した調査 では、19人(53%)が来週の原油先物相場が下落すると予測。上昇を予 想したのは12人(33%)だった。ほぼ変わらずの予想は5人。前回 は52%が下落を予想した。

7日終了週の米原油在庫は199万バレル増加した。その前の週は743 万バレル減だった。アイザックの影響でプラットフォーム(生産施設) や港湾施設の操業が停止したため、昨年12月以来の大幅減少を記録し た。輸入と生産は先週、増加した。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエ ネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「来週は在庫が増えそう だ。アイザックの余波からはほぼ完全に回復した」と述べた。

米政府によると、11日時点で、アイザックの影響でメキシコ湾の生 産の約4.2%が停止している。米安全環境執行局のウェブサイトによる と、これは日量約5万7000バレルに当たる。アイザックは「カテゴリー 1」の勢力で8月28日にルイジアナ州に上陸した。一時はメキシコ湾地 域のリグ(掘削設備)やプラットフォームの95%が操業を停止した。

2004年4月の調査開始以降、相場の方向性を正しく予測した確率 は50%となっている。ブルームバーグは翌週の原油価格について、石油 アナリストとトレーダーに見通しを尋ねる調査を毎週木曜日に実施して いる。

原題:Oil May Fall on Projected Supply Gain After Isaac, Survey Shows(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Christian Schmollinger、Yee Kai Pin、Winnie Zhu、Ann Koh.

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE