邦人への因縁や暴行相次ぐ、反日煽る書き込みも-上海総領事館が注意

グループで深夜に食事をしていたと ころ中国人に因縁をつけられ暴行を受けた-。日本の尖閣諸島国有化を 受け中国で反日感情が高まっていることから、上海の日本総領事館はウ ェブサイトで在留邦人に対し具体例を示しながら注意を呼び掛けてい る。

13日付の注意喚文書によると、「酒に酔った邦人3人が中国人女性 をナイフで傷つけた」など反日感情を煽(あお)る偽のインターネット の書き込みも散見されるという。邦人からの報告には、「タクシーで移 動中、不審なバイクの運転手からタクシーの運転手に『金を払うので、 乗客を降ろせ』などの要求があった」「歩道を歩いていたところ中国人 から『日本人か』と声をかけられ、突然、脚を数回殴られ打撲傷を負っ た」との例もあったという。

総領事館は「外出する際には、周囲の状況に格別の注意を払い、広 場など大勢の人が集まるような場所や深夜の外出では特に注意する。実 際に集会やデモ行進が行われている現場には極力近寄らない」などと要 請している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE