日本株3日続伸、資源や素材など景気敏感、金融高い-米QE3好感

東京株式相場は3日続伸。米国の 金融当局が量的緩和第3弾(QE3)の実施を決め、米景気の浮揚や 流動性相場の継続を見込む買いが膨らんだ。鉱業や非鉄金属など資源 関連、鉄鋼など素材関連といった景気敏感株、保険など金融株の上げ が目立ち、対ユーロでの円安推移を受け、電機など輸出関連株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。