米ウエスタンデジタル、7-9月売上高見通し引き下げ

ハードディスク駆動装置(HDD) メーカー世界最大手の米ウエスタンデジタルは、7-9月(第1四半 期)の自社売上高と市場規模の見通しを引き下げた。パソコン(PC) 需要の伸び悩みを理由に挙げた。

同社の13日の発表資料によると、売上高見通しは39億-40億ドル (約3020億-3100億円)に下方修正された。従来予想は42億-43億ド ル、ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は42億8000万ドルだ った。

この見通し引き下げは、PC本体・部品の需要失速を示す新たな材 料となった。この時期は各メーカーが歳末商戦に向け生産し、需要は通 常伸びる。これに先立ちシーゲイト・テクノロジーが7月に売上高見通 しを引き下げ、インテルも先週、予想を下方修正していた。

ウエスタンデジタルはまた、HDDの有効市場規模の見通しを従来 の1億5700万台から1億4000万台に引き下げた。

売上高見通しの発表後の米株式市場時間外取引で、ウエスタンデジ タルの株価は一時1.7%下落した。通常取引終値は前日比2.7%高 の42.58ドル。年初来では38%上げている。

同社は1株当たり25セントの四半期配当を発表。9月28日時点の株 主を対象に10月15日に支払う。また自社株買いプログラムの15億ドル増 額も明らかにした。

原題:Western Digital Cuts 1st-Quarter Outlook Citing Muted Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE