バークシャー・ハサウェイ株が4年ぶり高値-米追加緩和策で

13日の米株式市場で、著名投資家の ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサ ウェイの株価が上昇、金融危機のさなかにあった2008年10月以来の高値 を付けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)が量的緩和第3弾(QE 3)の実施を発表したことが手掛かり。

バークシャー・ハサウェイのクラスA株はニューヨーク時間午後4 時7分(日本時間14日午前5時7分)現在、前日比2.1%高の13万2851 ドル。米連邦準備制度理事会(FRB)はFOMC終了後に声明を発表 し、長期証券の保有を拡大するQE3の実施を表明したことから米株式 相場は上昇した。QE3はオープンエンド型の形式をとり、政府支援機 関の住宅ローン担保証券(MBS)を毎月400億ドル購入する。

エドワード・ジョーンズのアナリスト、トム・レワンドウスキー氏 は、4年前に比べて「バークシャーは多角化が進んでいる」と指摘。 「経済的にプラスの材料がバークシャーの株価にも反映されている」と 述べた。同氏はバークシャー株の買いを推奨している。

バークシャー株は年初来で約16%上昇している。

原題:Buffett Gains as Diversified Berkshire Hits Four-Year High (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE