QE3は成長押し上げにつながらない公算-メロン・キャピタル

  問題の核心は、銀行の流動性よ りも融資需要の弱さにあるため、成長押し上げにつながらない可能性が 高いとメロン・キャピタルの資産ポートフォリオマネジメント責任者バ シリス・ダギオグル氏が指摘した。

・短期的には株式と商品相場を押し上げ、米ドルにはマイナス ・財政の崖や海外の成長減速、先行指標の鈍化、企業業績見通し下方修

正など他の要因を考えると、長期的な影響は不透明 ・家計のレバレッジ解消の動きが続いており、企業向け銀行融資の伸び

は改善が見られるがペースは鈍い ・財政の崖の問題に取り組む必要があることは、連邦政府が経済成長の

大きな足かせになることを意味する ・需要の弱さを考えると、FRBの行動はデフレ回避に役立つ

原題:QE3 Unlikely to Boost Growth; Loan Demand Remains Weak: Mellon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE