米国債:利回り曲線スティープ化、追加緩和でインフレ懸念

13日の米国債市場では10年債と30年 債の利回り格差が拡大し、ここ1年で最大となった。米金融当局が無期 限で住宅ローン担保証券(MBS)を購入すると表明、景気が強さを取 り戻した後も緩和政策を継続すると示唆したことで、インフレ懸念が広 がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。