NY外為:ドル下落、QE3決定で-対円7カ月ぶり安値

ニューヨーク外国為替市場では、ド ルが主要通貨の大半に対して下落した。米連邦公開市場委員会 (FOMC)が量的緩和第3弾(QE3)の開始を決定したことを受 け、ドルの価値劣化を懸念する売りが広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。