NY外為:ドル下落、QE3決定で-対円7カ月ぶり安値

ニューヨーク外国為替市場では、ド ルが主要通貨の大半に対して下落した。米連邦公開市場委員会 (FOMC)が量的緩和第3弾(QE3)の開始を決定したことを受 け、ドルの価値劣化を懸念する売りが広がった。

ドルはユーロと円に対して軟調に推移した。対ユーロでは4カ月ぶ り、対円では7カ月ぶりの安値に下落した。FOMCは13日の会合後に 声明を発表し、長期証券の保有を拡大する量的緩和第3弾(QE3)を 実施すると表明。オープンエンド型の形式をとり、政府支援機関の住宅 ローン担保証券(MBS)を毎月400億ドル購入する。欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁は先週、政策委員会が無制限の国債購入プログ ラムに合意したことを明らかにしていた。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏(ニューヨーク在勤)は「市場はこの日の発表もECB の措置も想定していたが、米国の財政赤字ファイナンス、そして欧州の ユーロ周辺国問題という2つの主要なリスクを遠ざける役目を果たして いる」と指摘。「2つのテールリスクが消滅しつつある中で、投資家は 再びドル売りと株式市場への回帰を急ぎ、また程度は弱いが信用市場に も戻ってきている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時16分現在、ドルは円に対して前日 比0.5%安の1ドル=77円50銭。一時0.9%下げ、2月9日以来の安値を 付けた。対ユーロでは0.7%下落して1ユーロ=1.2987ドル。ユーロは 円に対して0.2%高の1ユーロ=100円66銭となっている。

円は一段高

円は対ドルで7カ月ぶり高値に上げた。日本の政策当局が円高阻止 を図り市場介入を検討するとの観測が強まった。

財務省の中尾武彦財務官は13日、東京で記者団に対し、ドルに対す る円の直近の上昇は「明らかに投機的」だとし、日本としてこのような 動きを看過することはできないと述べた。

シティグループのG10通貨戦略担当の北米責任者、グレッグ・アン ダーソン氏(ニューヨーク在勤)はFOMCの決定について、「意図す るところは米長期金利の押し下げであり、ドル円相場に下げ圧力となる だろう」とし、「われわれは反応を見守ることになる」と述べた。

安住淳財務相は昨年、円が戦後最高値を更新する1ドル=75円35銭 を付けたことを受け、10月31日に円売り介入を指示した。

FOMC声明

FOMCは13日まで2日間の会合を開催。この日発表した声明で、 「労働市場の見通しが大幅に改善しない場合、委員会は物価が安定した 状態で状況が改善するまで住宅ローン担保証券の購入を継続するほか、 追加の資産購入を実施し、必要に応じて他の政策手段を導入する」と明 記した。

FOMCはまた、「少なくとも2015年半ばまで」フェデラルファン ド(FF)金利の誘導目標をゼロから0.25%のレンジで据え置く可能性 が高いことを示唆した。1月以降、FOMCは少なくとも2014年遅くま で超低金利を維持する方針を示していた。この日の声明ではさらに、 「景気回復の力強さが増した後も相当な期間、非常に緩和的な金融政策 スタンスが引き続き適切になる」との認識を示した。

FOMCメンバーは2013年の実質国内総生産(GDP)見通し を2.5-3%増と、6月時点の予想(2.2-2.8%増)から引き上げ た。2014年については3-3.8%増と、6月の予想(3-3.5%増)から 上方修正した。

ドイツ銀行のG10為替ストラテジー世界責任者、アラン・ラスキン 氏(ニューヨーク在勤)は「FOMCの政策はリスクに非常に強気にな っている」と指摘。「より低い水準の失業率を目標に掲げるとの考え は、長期にわたる巨額のバランスシート拡大を約束するもので、おそら く他国の中銀の策を大きく上回る規模となるだろう」と述べた。

原題:Dollar Weakens as Fed Joins ECB to Increase Monetary Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE