G20の成長率、4-6月は09年以来の低さ-OECD

20カ国・地域(G20)の今年4-6 月の成長率は2009年1-3月以来の低さだったと、経済協力開発機構 (OECD)が13日発表した。

OECDのリポートによれば、4-6月成長率は前期比0.6%と、 1-3月の0.7%を下回った。景気減速はこれで3四半期連続となり、 マイナス1.5%成長を記録した09年1-3月以後で最大の軟化。

原題:OECD Says G-20 Grew at Weakest Pace Since 2009 in Second Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE