為替相場は政策手段に非ず、デフレ脱却で円高抑止を-行天氏

元財務官の行天豊雄国際通貨研究所 理事長は13日午後、都内で講演し、為替相場を政策手段として使うべき ではなく、円高基調の主因であるデフレの脱却を目指すのが正道だとの 見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。