IMF篠原氏:世界経済に安定化の兆し見えず-欧州減速など背景

国際通貨基金(IMF)の篠原尚之 副専務理事は13日午後、都内で講演し、リーマン・ショック後の世界的 な需要減は回復していないと指摘し、「世界経済が安定化する兆しは出 てきていない」との懸念を示した。その上で、10月に東京で開くIMF と世界銀行の年次総会では、世界経済の動向、特に欧州危機を中心に議 論が進むとの見通しを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。