グリーンウッズの「ゴールデン・チャイナ」が好調

中国の資産運用会社グリーンウッ ズ・アセット・マネジメント(景林資産管理)の「ゴールデン・チャイ ナ・ファンド」(運用資産5億ドル=約390億円)は今年、独立系の電 力会社や天然ガス販売会社の株式に賭けることで好調な成績を残してい る。

グリーンウッズを設立した蒋錦志氏が運用するゴールデン・チャイ ナは8月末までの年初来リターン(投資収益率)がプラス10%となって いる。上海に本社を置くグリーンウッズの香港オフィス責任者、ジョゼ フ・ゼン氏が明らかにした。2010年1月に始めた「チャイナ・アルフ ァ・ファンド」(運用資産2250万ドル)のリターンはプラス28%だとい う。

両ファンドともに株高・株安の双方に賭けることができ、香港で取 引されている株式や中国企業の米国預託証券(ADR)、中国本土の取 引所に上場されている人民元と外貨建ての株式を扱っている。

蒋氏は、マクロ経済と政府が打ち出す政策をトップダウンで分析す るアプローチとボトムアップの企業調査を組み合わせている。ゼン氏に よれば、ゴールデン・チャイナは04年7月の開始以降、ネットベースで の年率リターンがプラス28%に達する。資産13億ドル相当を運用してい るグリーンウッズは華電国際電力などの電力株を昨年から買い入れ始め ていた。

原題:Greenwoods Golden China Fund Beats Peers With Bets on Power, Gas(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE