IMF:13年までの為替レート統一でミャンマー政府を支援

国際通貨基金(IMF)はミャンマ ー政府と協力し、来年までに為替レートを統一して近代的な為替市場を 創設するとの政府目標を達成するため、専門家グループと作業を進めて いる。IMFのメラル・カラスル代表が明らかにした。

カラスル氏は13日の投資フォーラムで、IMFは4月の管理変動相 場制の導入で始まった為替レート一本化の完了に向け、「極めて詳細な ロードマップ(工程表)」の策定を支援していると語った。ミャンマー 政府は、同国で来年開催される東南アジア競技大会までにプロセスを完 了したい考えだという。

同氏は「既に成し遂げた他の諸国を見ると、通常こうした作業には 2年程度かかるが、目標は2013年のいずれかの時点でそこに到達するこ とだ」と述べた。

原題:IMF Pushes Myanmar Roadmap for Foreign Exchange Market by 2013(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE