インドネシア中銀、政策金利を5.75%に据え置き-7会合連続

インドネシア中央銀行は13日、政策 金利の据え置きを発表した。景気加速とインフレ圧力により、輸出低迷 対策としての利下げの可能性が低下し、7会合連続での金利据え置きと なった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。