駐中国大使、体調不良で入院、赴任控え-意識不明との報道も

11日付で駐中国大使に任命された西 宮伸一氏が13日、体調不良で病院に搬送された。西宮氏は尖閣問題など をめぐり緊張の続く中国との対応に当たっている丹羽宇一郎氏の後任。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。