中国の国営メディア、習副主席の動静報道-今月1日以来

中国国営メディアは13日、習近平国 家副主席の動静を今月1日以降初めて伝えた。同副主席が公の場に姿を 現していないことで政権移行に混乱が生じるとの観測を、中国共産党が 打ち消そうとしていることを示唆した。

国営メディアの広西日報は13日、年内の指導部交代で次の国家主席 兼共産党総書記に就任すると目されている習副主席が、中国最高指導部 の他のメンバーと共に、6日亡くなった党員の遺族に弔意を伝えたと報 じた。この内容は共産党の公式ウェブサイトでも掲載された。

香港中文大学のウィリー・ウォラップ・ラム非常勤教授(歴史学) は、「習近平氏の身に何らひどいことが起きたわけではないとの安心感 を世界に与えようという最高指導部のサインだ」と指摘。その上で、 「習氏が健康状態に問題のない総書記として活動できるかどうかという 人々の疑念が、これで和らぐわけでは決してない」と述べた。

習副主席(59)に関する報道が途絶えたことで、指導部交代への懸 念は強まっていた。重慶市の元党委員会書記、薄熙来氏をめぐる疑惑で 同党には既に不透明感があった。共産党は党大会の日程をまだ発表して いない。

習副主席は先週、クリントン米国務長官やシンガポールのリー・シ ェンロン首相との会談を突然キャンセル。それ以降、同氏をめぐる憶測 が飛び交っていた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ) は、習氏が水泳中に背中を負傷した可能性があると報じた。香港紙の蘋 果日報は13日、同氏が心臓発作を起こしたと伝えた。情報源の身元は明 らかにしていない。

中国外務省の洪磊報道官は先週、習氏の会談中止について「一般的 な調整」に伴うものだと説明。12日には質問に対し習氏に関する「情報 はない」と答えた。

広西日報によると習副主席は、胡錦濤国家主席や朱鎔基元首相その 他幹部と共に、102歳で亡くなった党員、黄栄氏の遺族に弔意を伝え た。習氏がいつ弔意を伝えたかには触れておらず、その発言や写真など も掲載していない。

原題:Xi’s Activities Get First Mention in State Media Since Sept. 1(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE