米国:富貧の差が過去40年余りで最大-富裕層以外は所得低下

米国で富裕層と貧困層の昨年の所得 格差が過去40年余りで最も広がった。貧困率が約20年ぶりの高水準にと どまったことが背景。

米国勢調査局が12日公表した統計によると、家計所得の中央値は低 下しており、景気回復の鈍さや米大統領選の焦点である中間層家計の厳 しい状況が浮き彫りとなった。

11年の貧困層の割合は15%で、前年の15.1%からほぼ横ばいだった のに対し、家計所得の中央値は1.5%低下。4620万の米国民が貧困状態 にあり、当局の調査開始以来、過去53年で最も高い水準にとどまった。

予算・優先政策センター(CBPP)のロバート・グリーンスタイ ン所長は記者団との電話会議で、「家計所得は中間層で減る一方、富裕 層では増えており、11年の経済成長の果実は極めて不均等に分配され た」と指摘した。

同氏によると、所得水準で下位80%の労働者の平均所得が低下する 一方、上位20%は上昇した。国勢調査局のデービッド・ジョンソン氏 は、上位1%の家計の所得は約6%増えたと指摘した。

11年の家計所得の中央値は5万54ドル(約390万円)と、前年の5 万831ドル(インフレ調整済みベース)から低下。11年のインフレ調整 済みの家計所得は、リセッション(景気後退)入りした07年を8.1%下 回る。

国勢調査局によると、11年の所得が約2万3000ドル以下の世帯(4 人家族、加重平均)を貧困層と定義している。

原題:Rich-Poor Gap Widens to Most in Four Decades as Income Falls (1)(抜粋)

--取材協力:Alex Wayne.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE