米国:富貧の差が過去40年余りで最大-富裕層以外は所得低下

米国で富裕層と貧困層の昨年の所得 格差が過去40年余りで最も広がった。貧困率が約20年ぶりの高水準にと どまったことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。