アジア株:上昇-投資家はFRBの政策発表待つ

13日午前のアジア株式相場は上昇。 投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)の政策発表を待っている。中 国国営の新華社通信は論説記事で、大規模な刺激策は中国の持続的な経 済成長にとって「有害」だと指摘した。

売り上げの67%を米国で稼ぐオーストラリアの建材メーカー、ジェ ームズ・ハーディー・インダストリーズは0.9%高。東京市場では関西 電力と九州電力が上昇している。中国の交通銀行は香港市場で0.6%下 落。台湾2位の液晶表示装置(LCD)メーカー、友達光電(AUオプ トロニクス)は価格談合をめぐる問題を受け4.4%下げている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時10分現在、前日 比0.3%高の121.04。騰落銘柄比率は上昇3に対し下落が約4。同指数 は前日まで5営業日続伸し、7月以降で最長の上昇局面となっている。

原題:Asian Stocks Swing From Gain, Loss Before Fed Stimulus Decision(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE