CMEグループ:10-12月にオフショアの人民元先物取引開始

世界最大の先物市場を運営する米 CMEグループは、10-12月(第4四半期)にオフショアの人民元先物 取引を開始する。人民元の世界貿易での決済拡大を背景にヘッジ手段の 需要が高まっている。

CMEの計画は、9月17日から同様の取引を開始する計画を発表し ている香港取引所に対抗する動きだ。中国は世界最大の輸出国で、中国 人民銀行(中央銀行)は人民元の貿易決済が今年1-5月に最大80%増 えたと試算している。

香港取引所はオフショアの人民元先物について、期間を最長1年、 売買単位を10万ドルに設定。取引時間は現地時間午前9時から午後4 時15分までとなる。一方、CMEのシンガポール在勤アジア外為責任 者、KCラム氏が11日、香港でのインタビューで明らかにしたところに よると、CMEは期間が最長3年、売買単位が10万ドル程度の先物取引 と、期間1年未満、売買単位1万ドルの先物取引を扱う。両方ともアジ アと米国、欧州で利用できる。

原題:CME Group Takes On Hong Kong Exchanges in Offshore Yuan Futures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE