メルシュ氏:ユーロ経済、年内は弱い状態続く-不確実性高い

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は、ユーロ圏経済の見通 しについて、年内は弱い状態が続き、来年の回復は緩やかなペースにと どまるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。