タイ富豪、F&N株TOB実施へ-ハイネケンの買収を妨げも

タイの富豪チャルーン・シリワタナ パクディー氏は、シンガポールの複合企業フレーザー・アンド・ニーブ (F&N)の未保有の株式取得に向けて90億シンガポール・ドル (約5700億円)規模の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。 オランダのビールメーカー、ハイネケンが目指すアジアの同業買収の障 害になる。

13日の届け出によると、チャルーン氏率いるタイ・ビバレッジと関 係が深いTCCアセットは、F&N株式の未保有分(約71%)を1株当 たり8.88シンガポール・ドルで買い付ける。この価格は12日のF&N株 価の終値を4.3%程度上回る。

ハイネケンは先月、F&Nが保有するアジア・パシフィック・ブリ ュワリーズ(APB)の株式取得のため、F&Nに約44億ドル(約3420 億円)を支払う提案を行った。APBは「タイガー」ビールの生産を手 掛けている。TCCによるF&N株のTOBが成立すれば、ハイネケン はAPB買収でチャルーン氏の支持が必要となると予想される。

F&Nが今月28日に開く総会で、ハイネケンの提案を支持するかど うかの株主投票が行われる。

原題:Thai Billionaire Bids S$9 Billion for F&N in Hurdle for Heineken(抜粋)

--取材協力:Anjali Cordeiro.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE