駐EU中国大使:欧州委はダンピング調査の影響熟慮する必要

欧州連合(EU)は、中国製太陽光 パネルに対するダンピング(不当廉売)調査がEUと中国の関係に及ぼ す影響を熟慮する必要があるとの見解を、駐EU中国大使が示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。